スポンサーサイト ::: 2014.09.22 Monday         
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -



    北欧の豊かな時間 リサ・ラーソン展 ::: 2014.09.22 Monday         
    0


      会期も終了間際で、松屋銀座で現在行われている
      『北欧の豊かな時間 リサ・ラーソン展』に行ってきました。
      よく見かけるものから、なかなかお目にかかれない貴重なものまで
      約230点、見応えありました!
      しかも、スウェーデンでも見かけない貴重な作品の数々が、
      ほとんどひとりのコレクターさんのものだと知って、びっくり。。。
      あんなに集められる資金力と収納場所(自宅がリサの作品であふれています)が
      あることが羨ましい。



      会場の外では、物販もたくさんあり、お茶ができる場所もあったので、
      マイキーのアートラテとシナモンロールをいただきました♪



      お買い物は、今回の展示会図録と前々から欲しかったRETRO(スウェーデンの
      アンティークの雑誌)のリサ特集、なんと日本語版!
      RETROは、北欧へ行った際に毎回購入している雑誌なのですが、
      今回は、特別編集版ということで内容も非常に盛りだくさん。
      日本語版なので、苦労なく読めるのもうれしい限り。
      ちなみに、次回の特別版はトーベ・ヤンソン特集だとか。
      これまた気になります。



      我が家のリサ作品。
      手前の犬が、小さい動物園シリーズで、我が家に始めてきたリサ作品。
      確か、2度目のスウェーデン旅行でつれて帰ってきた記憶があります。
      素焼きのブタは、友人から引っ越し祝いにいただいたもの。
      この素焼きも最近は見かけなくなりました。
      今回のリサ・ラーソン展では、展示会オリジナルでこのブタの
      釉薬がかかったものが出ていました。



      あと、お気に入りのユニークシリーズの鳥の陶板。
      これは、何度目かのスウェーデン旅行で、リサイクルショップで
      破格で購入したもの。
      ユニークシリーズは、もう一枚バイキングを持っているのですが、
      猫好きとしては、いつか猫が欲しい。
      今日、改めて展示会を見て、こんなに猫モチーフがあるのに、
      我が家にはリサの猫が1匹もいないことに愕然。
      いつか、いい出会いがありますように。


      :::::::::::::::::::::::::::::::::::
      http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-179114.html
      ジュリーさんが保護〜里親募集に至った経由については保護主さんの
      ぐーやまさんのブログでご確認ください。
      ジュリーさんに、いいご縁がありますように♪



      スポンサーサイト ::: 2014.09.22 Monday         
      0






        comment








           
        trackback URL
        trackback

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        selected entries
        categories
        archives
        comment
        trackback
        blog ranking
        recommend
        recommend
        links
        profile
        search
        others
        qrcode
        無料ブログ作成サービス JUGEM