スポンサーサイト ::: 2014.09.22 Monday         
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -



    2013-2014アイスランド旅行... 3 ::: 2014.02.03 Monday         
    0


      3日目。
      この日は、大晦日。
      眠い目をこすりつつ、ホテルで朝食。
      そして、さっそく町中へ出かけるものの、まだ暗い!
      滞在中、11時くらいに明るくなって、夕方4時くらいから暗くなるという
      感じでした。


      まずは、市内の中心にあるハットルグリムス教会へ。
      教会のある場所は、小高くなっていて、町並みがよく見えます。
      さらに高いこところからの景色を見たい場合にには、
      入り口の脇に展望台へのエレベーターがあるので、売店で入場券を購入し、
      展望台上がることができます。





      なんて、素晴らしい景色!!!
      可愛らしい町並みの後ろには、アイスランドの氷の大地が!!
      (ちなみに、この時間で朝の9時。決して夜ではありません。。。)
      アイスランドに来て良かったなぁ。。。と深く感じた瞬間でした。
      もし、この旅行記を見てからアイスランドへ行く方がいましたら、
      ぜひ、教会の展望台には上ってください。700クローネの価値ありです。
      (2014年1月現在 1ISK = 0.90JPY)

      この教会で一人旅の日本人の女性(仮にMさん)と知り合いに。
      アイスランド含めて、北欧5カ国の一人旅だそうです。羨ましい♪
      ランチを一緒にしませんか?とお誘いをいただいたので、
      町歩きをしながらお昼までご一緒することに。
      10時過ぎると、お店もポチポチ開いてきました。
      大晦日のレイキャビクは、町の半分以上は午前中までは開いていて
      午後から閉まるところが多いようです。
      思ったより、お店が開いていて良かった♪


      この旅のダンナの目的のひとつ『12Tonar』というレコード店にも無事訪店。
      彼は、1日でもいられると言ってましたが、そういう訳にもいかず、
      記念にCDを数枚購入してきました。
      ここのショップ、試聴したいといえば、すべてのCDレコードを試聴できるそう。
      実際、ソファが置いてあって、みなさん思い思いに試聴していました。


      ランチは、伝統的なアイスランド料理の食べられる『Laekjarbrekka(ライキャルブレッカ)』へ。
      人気店で予約がないと入れないような雰囲気でしたが、Mさんが
      予約を入れてくれていたおかげで、私たちまで入ることができました♪
      ここは、パフィン料理が食べられるということだったのですが、
      残念ながらディナーメニューのみということなので、
      私は、昨日に続きラム肉の煮込み、ダンナは白身魚、Mさんはクジラ肉をチョイス。


      これがどれも美味しくて、朝ご飯を目一杯食べてしまったのを後悔。
      これが、ラム肉。ホロホロとお肉が柔らかく、びっくりするほど臭みがない。
      アイスランドのラム肉最高です!!



      ランチの後、Mさんと別れ、旅の目的のひとつである『ノルディックハウス』へ。
      『ノルディックハウス』は、フィンランドのアアルト建築なので、ぜひ見ておきたい!
      ノルディックハウスに行くには、チェルトニン湖の脇を通って行くのですが、
      湖は凍っていて、みんな思い思いに楽しんでいます。
      犬の散歩をしているお姉さん、アイスホッケーの練習をしている子供たち、
      なぜか、氷の湖の上を自転車に乗っているおじさん。。。
      もちろん、私たちも湖を堪能してきましたよー。
      凍った道を歩くより、凍った湖を歩く方がはるかに歩きやすいので(笑)!


      氷の湖と凍った道を超えて、『ノルディックハウス』到着。
      アアルトらしい、木をポイントで使い、曲線の美しい建物でした。
      ここには、カフェもあり、もちろんアアルトの家具が使ってあります。
      いつか、ここでのんびりお茶でもしたいなぁ。


      その後は、港へ。
      アイスランドの氷の大地が目の前に広がり、感動しきり。
      アイスランドに来た!!って実感。
      しばらく、ボーッと海を眺めていました。



      港の一角には、船の形の彫刻。
      ヨン・グンナル・アルナソンの作品だそうです。
      撮影ポイントとして人気で、観光客で賑わっています。

      つづく。

      :::::::::::::::::::::::::::::::::::
      http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-179114.html
      ジュリーさんが保護〜里親募集に至った経由については保護主さんの
      ぐーやまさんのブログでご確認ください。
      ジュリーさんに、いいご縁がありますように♪



      スポンサーサイト ::: 2014.09.22 Monday         
      0






        comment








           
        trackback URL
        trackback

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        selected entries
        categories
        archives
        comment
        trackback
        blog ranking
        recommend
        recommend
        links
        profile
        search
        others
        qrcode
        無料ブログ作成サービス JUGEM