スポンサーサイト ::: 2014.09.22 Monday         
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -



    2013-2014アイスランド旅行... 2 ::: 2014.01.18 Saturday         
    0


      2日目続き。
      空港で荷物をピックアップし、バスでレイキャビク市内へ。

      ケプラヴィーク空港からレキャビク市内へは、flybusで45分ほど。

      空港で簡単にチケットを購入することができます。

      宿泊ホテルが決まっている場合は、flybus+でプラス料金を払うと

      ホテルまで送迎してくれます。

      バスに乗ったのが、16時半頃だったでしょうか?
      すっかり日も暮れて、道中は真っ暗。。。
      寂しそうな大地の景色が続きます。ホテルには、17時半ごろ着きました。

      レイキャビクでの宿泊は、『Best Western Hotel Reykjavik』。

      物価の高いアイスランドでは、もちろんホテルも高いのですが、

      その中では比較的安く、便利な立地にあります。

      ツアーなどのピックアップにもきてくれるし、ホテルのスタッフの方々も

      とても感じのいい方が多かったので、オススメです。
       

      この日は天気も良かったので、ホテルでオーロラツアーに申し込み。

      アイスランドでは、ツアーの申し込みが簡単にでき、ホテルまでピックアップに
      きてくれるので楽チン♪
      この日は、ホテルでのピックアップが20時とのことだったので、それまで

      町を散策してみることに。



      まず向かったのは、スーパー(笑)。
      どこの国に行ってもスーパーはお宝の宝庫。かかせません。
      北欧各国と変わらず、乳製品が多い。そして、パッケージが可愛い♪
      時間もなかったので、お水とスキール(アイスランドのヨーグルト)を購入。



      夕飯は、スーパーでお惣菜を購入して食べようかと思ったのですが、
      通りがかったカフェに入ってみることに。
      アイスランドは、ラム料理とお魚が豊富ということで、
      ラム肉と白身魚を1品づつ頼みました。




      ここのカフェ、味はまあまあ美味しいという感じでしたが、
      店内にいろんなデザイナーさんの作品が展示販売されていて、
      見応えがあって面白かったです。

      レイキャビクの町中では、カフェとレコード屋をよく見かけました。
      また、人口の割にギャラリーもたくさん見かけました。
      豊かな自然が、アーティストを輩出するのでしょうか。

      夕食後、ホテルに戻り、20時ちょうどくらいにオーロラツアーの迎えがきました。
      同じホテルからでも、大人数が参加。日本の方もたくさんいらっしゃいました。
      (年末年始だったせいか、想像以上にアイスランドにいる日本人が多くてびっくり!)
      結局、他のホテルも回ってバスターミナルに集合した時には、他にもマイクロバスが数台満席という
      人気ツアーでした。
      今回参加したツアー会社は『Reykjavik Excursions』。
      ここは、大手のツアー会社のようで、他の日に別のツアーもここでした。

      肝心のオーロラはというと、バスで郊外へ2時間ほど走り、
      なんにもない荒野で粘ること1時間。
      結局、オーロラは確認できず。。。
      このオーロラツアーは、毎回決まった場所に行く訳ではなく、
      運転手さんが、オーロラが出そうなところに連れて行ってくれるそうです。
      なので、毎回違う場所に行くとか。
      このツアーのいいところは、オーロラが見られなかった場合、
      リベンジでもう一度ツアーに参加できること。
      また、別のツアーでは、大型バスではなく大型ジープでのツアーもあるようで、
      なかなかスリリングな体験ができそう。
      機会があれば、ジープツアーも体験してみたいなぁ。

      この日、ホテルにもどってきたのは、深夜2時。
      移動の疲れもあり、速攻就寝。


      :::::::::::::::::::::::::::::::::::

      http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-179114.html
      ジュリーさんが保護〜里親募集に至った経由については保護主さんの
      ぐーやまさんのブログでご確認ください。
      ジュリーさんに、いいご縁がありますように♪



      スポンサーサイト ::: 2014.09.22 Monday         
      0






        comment








           
        trackback URL
        trackback

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        selected entries
        categories
        archives
        comment
        trackback
        blog ranking
        recommend
        recommend
        links
        profile
        search
        others
        qrcode
        無料ブログ作成サービス JUGEM